現物不動産投資って?大家さんになって収入を得る

現物不動産投資について

現物不動産投資とは、文字通り土地や建物、マンションの部屋などを購入して、それを人に貸したり売却したりして収益を得ようというものです。
かつては定年まで働けばその後は年金が国から支払われるので悠々自適な年金生活が約束されていました。ところが現在では少子高齢化によって年金を支払う働いている年代の人がどんどん減少しています。
このままでは年金を支払ったとしても老後に安定して生活していける年金が支払われるかはとても不透明です。
それどころか遠い将来は年金自体が支払われなくなる世の中がやってくるかもしれません。
投資というものは、ある程度お金に裕福な人だけが関係するものとされてきていますが、今は老後の財産を確保するためにも全員が投資に関する関心を持つ必要がある時代に来ています。
投資には色々な種類がありますが、中でも注目されているのが不動産投資です。不動産投資の中でも特に需要が高まっているのが実際に自分自身が現物不動産を所有することによって収入を得る現物不動産投資です。
現物不動産を所有して資産運用をすることは他の投資にはない様々なメリットがあります。
投資と聞いて真っ先に思い浮かぶのが株式やFXですが。これらの投資は毎日秒単位で目まぐるしく価値が変動します。
購入した金額と売却した金額の差額によって利益を得るのですが、最大の差額を得るためには自分の所有している資産の価値を常にチェックしておく必要があります。
一方、現物不動産は所有さえしておけば株式などのように一日で価値が変動するようなことはなく、常に一定の価値を維持できます。そのため、毎日自分の投資した財産の状態をチェックする必要がありません。
このため、定年を迎えた世代だけではなく、現在働いている年代の人でも始めやすい投資だと言えます。
カビ式やFXは価値の変動が大きく最悪の場合自分が所有している株や外貨が一円の価値も無くなる場合もあります。
しかしながら不動産は価値がまったくなくなるという事はありません。
家賃収入が主なため、リターンはそれほど大きくありませんが、リスクもあまり大きくないのがメリットです。
そのため、初心者にも始めやすい投資だと言われています。

現物不動産投資について

↑ PAGE TOP