不動産投資の収入はどれくらい?さらに収益性を高めるには?

不動産投資の収入について

不動産投資を行ううえで、収入がどれほどになるのかは最も気になることです。
不動産投資には空室のリスクがありますから、これをできるだけ減らし、収益性を高めることが大きな課題です。
収益性を高めるためには、ひとつの物件に対してどれだけの経費が発生するのかをできるだけ正確に計測しなければなりません。
具体的には、ローンの返済額や修繕にかかる費用、固定資産税などの税金、管理会社に支払う手数料などが考えられます。これらの費用を計算し、空室率も踏まえ、適切な賃料を設定する必要があります。

家賃収入を確保し、ローンを完済することができれば、その不動産投資は成功したと言っても過言ではありません。
なぜなら、ローンの完済により、その物件の所有権を完全に手にすることができるからです。
黒字化が実現できる目処があれば、引き続き不動産経営を行って賃料収入を手に入れても良いですし、これまで支払ってきたローンの分を引いても収支がマイナスであるならば、第三者に物件を売却して利益を得ることも有効です。
不動産投資のメリットは、賃料収入だけでなく、物件の権利も手に入れることができる点にあります。
したがって、月々の家賃収入と必要経費の収支バランスがマイナスであったとしても、その額が小さければ悲観する必要はありません。
手にした物件を売却することができれば、数百万円、数千万円の利益を上げることも十分に可能だからです。


不動産投資の収入について

副業として不動産投資を行なう

また、最近では副業として不動産投資にチャレンジする人々が増えています。
その理由のひとつに、節税メリットがあることが考えられます。
仮に、不動産経営において、収入から必要経費を減じた額がマイナスになった場合、給与所得と損益通算することができます。
つまり、確定申告を行えば、源泉徴収された所得税の一部が還付される可能性が高いのです。

このように、不動産投資には、現物の不動産を手に入れることができたり、節税効果が期待できるといった目に見えにくいメリットがあります。
不動産投資における収入を計測するためには、長期的な視野を持つことが大切なのです。

副業で不動産投資

↑ PAGE TOP