不動産投資のメリット・デメリットを説明します。

不動産投資のメリット

最近では、20代、30代の若い世代がマンション投資にチャレンジするなど、不動産投資がブームとなっています。
しかし、不動産投資は安易に手を出してしまっては、失敗に終わる可能性の方が高いと言えます。
よくある話が、何も勉強することなく投資にチャレンジし、失敗してしまうパターンです。
自分が身をもって経験する失敗は、資金を大きく減らしてしまうなどの大きな痛みが伴います。
このようなことがないよう、あらかじめそのメリットとデメリットを把握しておくべきです。

まずは不動産投資のメリットを確認していきます。
最初に考えられるのが、いわゆる不労所得が得られる点です。
購入した収益物件に入居者が存在すれば、賃料債権が発生します。
いわば、購入した不動産に働いてもらう感覚です。
会社であくせく働く必要がなくなるため、身体や精神の負担が減る可能性が十分にあります。
この他にも、現在日本ではインフレ傾向にあり、今後もこの動きは継続することが確実視されています。
お金の価値が下がり、物の価値が高くなるため、不動産投資は資産運用として大変効果的です。
これらの他にも、相続税対策として効果的であることや、ローンを組むことができるなどのメリットが存在しています。


不動産投資で不労所得

不動産投資にはデメリットもあります

一方、デメリットについてもいくつか考えられます。不動産投資を勧める不動産会社などではあまり語られることがないため、しっかり確認しておかなくてはなりません。
最大のデメリットは、さまざまなリスクがあることです。
不動産投資には、投資にはつきものの資産価値の下落リスクに加え、空室や滞納のリスク、災害のリスクなどが伴います。
空室や滞納があれば、家賃収入を確保することはできませんし、地震や火災のリスクが発生すれば、せっかく購入した物件を失うおそれもあります。
このように、さまざまなリスクが伴うことから、不動産投資は時間をかけて物件を識別しなければなりません。そこで必要となるのが、物件を見る目です。
物件の利便性や強度、将来性を判断しなければなりません。
このように、物件選びに時間がかかる点もデメリットのひとつに数えられます。

不動産投資のデメリット

↑ PAGE TOP