証券化不動産投資。初心者でも始めやすい投資法

証券化不動産投資について


証券化不動産投資について

証券化不動産投資とは不動産投資を証券化したものです。
証券というのはチケットと考えるとわかりやすいでしょう。
不動産投資をするには通常は不動産を購入する必要があるわけですが、その手続きにはさまざまなものがあり、専門家を介さなければ購入することは出来ないといってもいいでしょう。
金額的にも普通の人が簡単に投資できるようなものとはならないものがほとんどです。

ですが、そうした不動産に投資をするときの資金を投資家から集めるとしたらどうでしょう。
投資をしてくれた人には、そのことを証明するチケットを渡して、不動産投資によって得た利益は分配金としてチケットを持つ人に渡していくという仕組みが出来上がります。
投資かは複雑で難解な不動産取得に関わる手続きは不要になり、単にチケットを購入するというだけで不動産投資をすることが出来るようになります。
これが不動産を証券化するメリットです。

普通であれば投資できないような不動産に投資をすることが出来るようになるので、個人で不動産に投資をするようなことも出来るようになります。
証券化することで資金を集めやすくなるということもメリットといっていいでしょう。
一人では投資をするようなことが出来ないような場合でも多くの投資家から資金を募ればより大きな不動産に投資をすることが出来るようになります。
お金が多く集まれば選択肢が広がるので投資のリターンも上がる可能性が高まります。

また、不動産は上記のように複雑な手続きがあるので、なかなか売買するようなことは難しく、直ぐに現金化出来ないということがありますが、証券化されたチケットであれば誰もが簡単に売買することが出来るので、 流動性がよく換金しやすいということもメリットと考えていいでしょう。
不動産は換金しにくい資産ですが、これを証券化することで換金しやすいものになるということになります。
また、多くの人が投資に参加出来るのでより多くの人に収益チャンスが出てくるということにもなります。
そのため、初心者にも始めやすい投資だと言われています。

証券化不動産投資を知る

↑ PAGE TOP