小口化不動産投資って?予算が限られている人でもできるって本当?

小口化不動産投資について

民法では一物一権主義が採用されており、1つの物に同一内容の権利は1つだけ成立するのが原則です。
不動産投資においてもこれは当てはまり、1つの投資物件は1人の投資家が購入し、運用していくのが基本となります。
しかし、ビルやショッピングモールなどの大規模な不動産は、多くの人が出入りするなど、公共物としての側面があります。
また、これらの不動産は高額であることが多く、1人の投資家だけでは購入や建設ができないケースがほとんどです。
そこで、複数の投資家が費用を分担することでリスクを分散し、発生した収益はその負担の割合に応じて分配しようという考え方が登場しました。
これが小口化不動産の基本的な考え方です。

小口化不動産の具体例を挙げますと、仮に1億円の投資物件があった場合、これを1口100万円などに細かく分割します。
この場合、投資家は100万円から出資することができます。運用がうまくいき、利益が発生した場合は、利益を投資家全員で分け合います。
このケースで100万円の利益が発生したとすると、1口保有している投資家は、利益の100分の1にあたる1万円を手にすることができます。

小口化不動産投資について

REITとは

よく似た不動産投資にREITがありますが、両者の決定的な違いは投資対象が異なることです。
REITでは、投資家は不動産事業者に出資することとなりますから、資金は不特定多数の不動産に資金が分散されるのが原則です。
それに対し、小口化不動産は出資する物件がはっきりとしています。
そして、REITとは異なり、実質的に不動産を所有することになりますから、節税の恩恵を受けることができるメリットが発生します。
仮に、小口化不動産による不動産投資で損が発生すれば、給与所得と損益通算することができます。
また、相続税の計算時には不動産は時価よりも低く評価されることになるため、相続税対策としても効果的です。
さらに、運用や管理も自ら行う必要がないため、副業としても有効です。

以上を踏まえると、小口化不動産は予算が限られている方や、相続税対策を検討している方、副業を希望する方に適した不動産投資と言えます。

↑ PAGE TOP